OUR SERVICE

"動画"を「学びたい」と「作ってほしい」の両方を実現します

映像受託事業

クライアント様から、ご依頼を受け、戦略、コンセプト、撮影、編集までワンストップで提供しています。

映像クリエイター育成サービス

イケてる映像つくります!/企業に必要な動画を企画・コンセプト設計・撮影・編集までワンストップでご提供します。

OUR WORKS

実績ページ

企業への研修や映像制作の実績をご覧ください

ABOUT US

「ムービーでムーブメントを!」

映像はどんな人や企業でも「主役」にしてくれます。人や企業の想いを映像にのせ、感動を与える。そんな仕事をすることを目指しています。

TEAM

メンバー紹介

弊社メンバー紹介です。個性豊かで様々なスキルを持ち合わせたメンバーが在籍しています。

NEWS

映像や動画活用に関する面白~い記事を発信しています

Chapter Two

Youtubeで上位表示を狙うには?最低限抑えるべきSEO対策3選!

Google検索ではほとんどの企業様が力を入れているSEO(Search Engine Optimization)。 いわゆる「検索エンジン最適化」に関して、Youtubeでも上位表示を狙うのであれば必ず力を入れるべき部分...にも関わらず、しっかりYoutubeのSEOを設定できている人はなんと、まだまだ少数派。 裏を返せば、そこを徹底的に抑えられれば意外と簡単に上位表示を狙えてしまうのがYoutube SEOのいいところ。   今回は、Youtube始めたての企業様が見落としがちな最低限抑えるべきYoutubeのSEO設定を3つご紹介させていただきます。   ❶タイトルに需要のあるキーワードを含める まず、一番大事なところがこの「キーワードを含めた動画のタイトル」。 視聴者は、キーワードをYoutubeの検索窓に入力して検索するため、そのキーワードに最もマッチした動画の順で、検索結果が表示されるわけです。   例えば、転職の準備をしている30代の男性がいたとします。 その方は、転職でどうしても成功したいあまり、Youtubeで転職の成功方法を調べてみようと考えます。 そして、Youtubeの検索窓には「転職 成功 」と入力すると、以下の画面が表示されました。   この検索結果の順位は以下になっています。 1位 【転職】あなたの転職を成功させる3つの絶対条件 【視聴回数:6405回】 2位 転職成功への4つのポイントを解説!【2020年完全版!!  【視聴回数:2.2万回】 3位 転職で【人生ミスる人】の特徴  【視聴回数:56万回】   再生回数は3位の56万回が圧倒的に多いにも関わらず、6405回の動画が上位表示されています。 このことからわかるように、いかに「視聴者の調べるキーワードと動画のタイトルがマッチしているのか」がYoutube SEO対策をしていく上で、重要となってきます。   ※もちろん上位表示されている理由はタイトル以外にも「視聴者維持率」であったり、「動画の投稿日」、その他の設定も関係してきますが、タイトルが大きな割合で関係しているのは確かです     ❷最適なタグを10個〜15個追加する こちらのタグ設定に関しては全く行っていない方もちらほら。 Youtubeはタイトルや概要欄など、それ以外にもこの「タグ」によって「これはどのジャンルなのか」「どういう内容のコンテンツなのか」を判別します。 視聴者には表示されないこのタグ設定ですが、要はYoutube側にどういう動画なのかを知らせる必要があるのです。   そこで入れるべき「タグ」に関してなのですが、 ・チャンネル名 ・その動画の「キーワード」 ・視聴者がその動画を検索する時に入力するであろうキーワード ・動画のジャンル この辺りを全て含んで合計10~15個程度が推奨されています。   その他、その動画の競合になり得る動画(同じキーワードで検索したときに出てくる動画)がどういうタグを入れ込んでいるのか調べてみて、参考にするのも1つの手です。   また、こちらに関して「入れすぎ」は要注意です。 欲張ってありとあらゆるタグを入れ込んでしまうと、スパムや不正と判別される可能性もあります。   以下、先ほど(❶タイトルに需要のあるキーワードを含める)と同様に、「転職 成功」で調べた際の上位表示された動画のタグです。   1位 【転職】あなたの転職を成功させる3つの絶対条件 【視聴回数:6405回】 タグの数は11個。チャンネル名やキーワード、その他関連性の高い「キャリア」など、しっかりタグの対策も行えているのがわかります。     ❸概要欄の最適化 こちらに関しては、自分たちの発信したい情報のみ記載されているケースが多いです。 例えば、「HPや自社サービスへの誘導URLのみ」などこの状態だとYoutubeSEOをフル無視状態です。   Youtube側はこの概要欄には何が書かれているのかもしっかり認識し、この動画が何についての動画なのかを他のSEO対策もひっくるめて判別し、検索結果や関連動画に表示させます。 ですので、概要欄もしっかりSEO対策はすべきなのです。   では、一体何を書けば良いのかという話になりますが、以下を参考にしてみてください。   ・最初の数行は動画のキーワードを盛り込んだ文章を記載する 概要欄は初めの数行が最も大事になってきます。ここにキーワードを含めているかいないかだけでも、検索での上位表示に影響が出ることも。 なので、初めの数行に、この動画はどういう動画なのか、どういう人にみてもらいたいのかをキーワードをしっかり含めて簡潔に記載しましょう。   ・チャンネルの説明を記載する Youtubeではチャンネルについての詳しい情報も記載することが推奨されています。 そのチャンネルの意図や、どういうことを発信しているのかなども簡潔に記載しましょう。   ・ハッシュタグを3つ入れ込む タグとはまた別のハッシュタグ。こちらは概要欄内に記載するもので、キーワードの前に「#」を入れ込みます。 このハッシュタグは、動画のタイトルの上に表示されるので、一番その動画と関連性の高いハッシュタグを記載しましょう。※タイトルの上に表示されるハッシュタグは3つまでです。   ・自分のチャンネルのおすすめ動画や関連性の高い動画を記載する これを記載する理由としては、Youtube側に「今回の動画」と自分のチャンネルの他の動画が「関連している」ということを認識させるためです。 これを行うことで、その動画の関連動画に自分の他の動画が表示されやすくなったりするわけです。   ※以前までは自分のチャンネルの動画以外にも、関連性の高い他のチャンネルの動画を記載することが主流でしたが、今ではYoutube側にスパム扱いされる可能性もありますのでできれば自分のチャンネルの動画を記載しましょう   以下、先ほど(❶タイトルに需要のあるキーワードを含める)と同様に、「転職 成功」で調べた際の上位表示された動画の概要欄です。 ハッシュタグのみ記載されておりませんが、その他ずっしり書かれていますね。     以上、最低限抑えるべきSEO対策3選のご紹介でした。 上位表示する動画は、しっかりSEO対策を行われていますので、ぜひ貴社でも今回の記事が参考になりますと幸いです。  

Chapter Two

動画内製化をすぐに実現しやすい動画の種類は?

今回は動画制作を社内で行うにあたり どんな動画が取り組んでいきやすいのか? ということについて解説します。   結論から申し上げますと 以下の2つの動画の種類が取り組みやすいです。   ①YouTube動画 ②社内向けマニュアル動画   <取り組みやすい動画ジャンル①:YouTube動画>   まず①YouTube動画ですが これはどこのクオリティを目指すのか? によっても当然変わってきます。 しかし一般的にイメージされている YouTube動画のクオリティであれば 比較的すぐに制作技術を身に付ける ことが可能です   ・カット編集 ・テロップ挿入、デザイン ・BGM ・効果音 ・YouTubeアップロード、設定   といった流れがありますが これはAdobe Premiere Proで 十分完結できるためYouTubeを 始めることが「難しいかな・・・」という お考えは無くしてもらって大丈夫です。   各作業項目は1ヶ月学習し、 チーム内で編集パターンなどを 共有することができれば、 すぐに量産体制を確保することができます。   YouTubeで成功している企業は   ・採用問い合わせ ・サービス問い合わせ   が非常に増加しています。   またそれに加えYouTubeからの収益も 見込むことができます。 チャンネルが伸び始めるまではSEOと同様 根気がいる作業にはなりますが   ・すぐにスキルを習得できる ・動画のPDCAサイクルを高速化できる   といった点からも個人よりも数で 勝負できる企業に非常にメリットがある ジャンルになります。   <取り組みやすい動画ジャンル②:社内向けマニュアル動画>   次に「社内向けのマニュアル動画」です。 こちらの動画ジャンルも非常にすぐに取り組み 成果が出やすい動画となっています。   理由としては ・動画自体のクオリティが簡単でOK ・社内の人間にしかむしろできない   からです。 社内向けだからデザインや編集などを 適当にして良いというわけではありませんが あくまでも社内の人間が理解できれば良いので デザインや音楽にこだわる必要はありません。 撮影もスマホカメラで十分です。   事例としては   ・ZOOMで経理システムの使い方を録画しテロップで捕捉 ・部内で一番作業が早い人の作業画面を録画 ・人員の入れ替えが激しく何度も同じことを教えていること   など通常の教育だけではなく ベテラン社員の作業行程をも 動画にすることでさらに社内全体の 作業品質向上に効果を発揮したりします。   こちらもプレミアプロで簡単に制作することができます。 今や「マニュアル動画制作」向けのツールが出てきている ぐらいですので非常に需要が高いことが伺えます。 ツールを使わずとも1~2週間の学習でできることですので ぜひ導入をご検討ください。   以上2つが特に短期間で導入・成果を出しやすい 動画の種類でした。他にも色々とありますが 機材もスマホで良かったり、編集が楽だったりといった点で この2つを選びました。   ChapterBizではYouTube動画や社内向けマニュアル動画はもちろん 採用動画、サービス紹介動画など クオリティが求められる動画の内製化支援も行っております。 ご興味のある企業様はぜひご連絡お待ちしております。 今なら1回分の無料授業特典がございます。

Chapter Two

実際どれぐらいの期間で動画内製化できるの?

YouTubeなどの動画を外注制作するのではなく 内製化する場合、まずは社員への教育から始まります。 そこで多い質問が 「どれぐらいで動画制作できるようになるの?」 といったことです。   そこで今回は 一般的にどれくらいの期間勉強すれば どれぐらいの品質の動画を制作できるのか? をご紹介していきます。   ▶一般的なYouTubeの場合   ヒカキンやはじめしゃちょーのような 一般的なYouTubeの編集の場合であれば 約1ヶ月もあれば大抵の方は再現できるようになります。   また企業でYouTube動画を始めていく場合 その効率性、チーム制作といった側面からも フォルダ管理や素材管理などを標準化していくことを踏まえても 2ヶ月ほどあれば社内でスムーズに制作を開始していくことができるでしょう。   編集ソフトの操作自体もそこまで難しくないので YouTube動画に関してはなるべく自社で制作完結 させることをおすすめします。   その他の例)マニュアル動画、インタビュー動画   ▶アニメーション完結のWeb広告動画   アプリの紹介やサービスの紹介など よくWebのCMなどでみるような アニメーションだけで出来ている動画ですね。 ↓ https://www.youtube.com/watch?v=iv5BVA6p6MQ   こちらは「アフターエフェクト」という Adobe社のソフトを使用して作られていることが 多いのですが、やはり少し難易度は上がっていきます。   企画 ↓ 絵コンテ ↓ 編集   というステップを踏んでようやく完成なので制作期間も長くなります。 アニメーション完結動画をできるようになる勉強期間としては 独学の場合、経験上3~6ヶ月の学習が必要です。 ただしプロ指導の下であれば2~3ヶ月集中して取り組むことで 個人差はありますが可能になっていきます。   アニメーション完結のWeb広告動画が制作できるようになると 自社で高品質な広告動画を制作ができます。 通常これらの動画を外注すると20~100万円/本は発生してきますので その費用対効果の高さがうかがえますね。   また自社で制作できることで 広告で重要なPDCAサイクルも高速化していくことができ 動画自体も素早く修正・改善を行っていくことが可能です。   3ヶ月しっかりと学習すれば そのようなことが実現可能なので 広告会社や広告、メディア担当者は ぜひ勉強をしてみることをお勧めします。

CONTACT

お問い合わせ

スピーディな返信を心がけています。お電話でのお問い合わせも承っております。お気軽にお問い合わせください。