企業が「社内動画クリエイター育成」を実現しやすいポイントは?

Web動画広告やYouTubeなどを
社内で動画制作できるように内製化していきたい企業は
たくさんありますが実際に動き出すには様々な壁があります。

・人的リソースがない
・スキルがない
・予算がない

などなど。
その中でも最も壁となっているのが

「人的リソース」

の問題です。

「動画業務を始めるほど業務に余裕がない」
「動画制作にどれぐらいの時間がかかるか分からない」
「暇な人間がいない」

など特に少人数の企業には多い悩みです。

「動画制作を内製化して外注費を抑えよう」

 

と育成を試みても
実際には他の業務もあり中々手をつけられず
形骸化してしまうことが多くあります。

 

内製化を進めるために何がポイントか?

 

「動画業務ができるリソースがある」
「新たに動画業務の人員を配置する」

 

などとにかく人的リソースの確保が最優先です。
それを抜きにしてはいくら動画制作スキルがあっても
中々社内に浸透することはないでしょう。
まずは業務・人材配置整理を想定して内製化を進めていきましょう。

動画制作者を育成すべき企業のチェックポイント

✔︎動画制作の外注費用が多く発生してしまっている
✔︎社内に人材が余っている、業務過疎な人材がいる
✔︎サービスやマニュアルなどの動画を量産していきたい
✔︎動画コンテンツが必要な部署がある
✔︎新たに動画事業を開始する事を検討している

プロレベルの動画ではなくとも
YouTubeやマニュアル動画など
量産していきたい動画がある場合は
外注するよりも内製していく方が
費用対効果が出たりします。

育成の方法ですが

・福利厚生などで教育を受けてもらう
・研修を実施する

この2つしかありません。
社員独自が独学するという方法もありますが
企業が管理できないのでお勧めできません。

福利厚生で動画教育プログラムを取り入れている物は少なく
やはり研修で進めていく他ないでしょう。

過去にこれまでどんな方が内製化の動画担当になってきたのか?

その多くがやはり年齢的にも若い方が多いです。
動画制作自体はかなり労働時間をさきます。
そのため時給の高い管理職のかたが行うということは
ほとんどありません。
アルバイトの方や、秘書、事務系の方で
年齢も20〜30代
週2日ほどは動画に少し時間を割り当てることが可能な人材が多い印象です。

 

研修もやはり若い方を集めて実施することをお勧めします。
クリエイティブなスキルでもありますので
普段では見えない才能が見えるかもしれません。